胃部X線検査支援システム

1、機能概要

耳の不自由な方、外国人の方でも安心して胃部X線検査を行なえる検査支援システムです。

『聞こえなくて検査指示が分からない』
『日本語が分からないので検査指示が分からない』

そういった悩みをヘッドマウントディスプレイ又はモニター、
スピーカーを用いることで解消するシステムです。

また、胃部X線検査を受診するとよく起こる

『左右が分からなくなる』

という悩みも解消出来るので、耳の不自由な方や外国人の方だけでなく、
健常者の方にもご利用頂けます。

2、特長

検査者側はタブレット端末を操作し、検査指示を行ないます。
(検査指示内容の選択は簡単な操作で可能です。)
胃部X線検査でよくある

『少しだけ右』

などの微妙な体位調整指示もタッチ操作のみで簡単に行なえます。

被検者側は検査技師からの指示内容をヘッドマウントディスプレイ又はモニターに
表示された検査指示を見て、スピーカーから流れる音声を聞いて検査を行ないます。

3.障害者差別解消法

平成28年4月1日から障害者差別解消法が施行されました。
正当な理由なく、障害を理由に差別することを禁止とする法律です。
病院の受付拒否やお店の入店拒否などももちろん該当します。
障がい者とは、障害者手帳を持つ方のみが該当するわけではありません。
病院、診療所、検査施設などでも障がい者の方への対応が求められています。
対策を行う準備は整っていますか?

PAGETOP
Copyright (C) 2017 ISGate Co.,Ltd. All rights reserved.