HealthLife Passport -医療機関向け-

1.機能概要

日本に住んでいる外国人及び外国人旅行者が国内の病院で受診する際や、日本の海外渡航者が海外現地の医療機関で受診する際に、言語の違いから症状の問診に関わるコミュニケーションが取りづらい状況があります。また、聴覚障がい者も同様に医師とのコミュニケーションの障壁があります。ヘルスライフパスポートは、そのような状況であっても予めその国の言語(日本ーひらがな含む)を選択し、問診に回答しておくことで患者自身のその時の症状や既往歴、飲み薬の有無等の情報を医師に伝えることができます。
ヘルスライフパスポートは、多言語に対応した「内科を中心とした174項目の問診」の患者側で入力する機能を備え、患者(個人)がいつでも利用できるAndroidタブレット向け医療問診支援システムです。

2.特長

Androidタブレット向けに開発したのでタッチパネルにより簡単に操作ができます。
問診内容は、主言語、従言語の二行表記で、多言語とやさしい日本語に対応しています。
多言語に対応した「回答結果の問診票」をPDFドキュメント形式で作成することができます。
PDFで作成された問診票により、ネイティブ言語を話せない患者(ろう者含む)は医師に自己の症状や既往病歴等について告知することができます。

3.提供機能

Health Life Passport(多言語医療問診支援システム)

4.カタログ

PAGETOP
Copyright (C) 2017 ISGate Co.,Ltd. All rights reserved.